東レ トレビーノ

東レ トレビーノ浄水器

東レ トレビーノは浄水器のTOPメーカーです。

 

取り扱う浄水器のタイプは幅広く、蛇口・ポット・据え置き・アンダーシンク・
シャワーと、ほとんどすべてのタイプをラインナップしています。

 

これはライバルの三菱レイヨン・クリンスイとほとんど同じです。
ですが両者で少し違うのは、三菱レイヨン・クリンスイは蛇口直結タイプに
力を入れていますが、東レは均一に、どれも強いといった印象があります。

 

そしてもう1つ東レの大きな特徴はカートリッジ(フィルター)の安さにあります。
製品によって違うのでまとめて数値を出すことはできないのですが、
とにかく長期間使用できて価格も安いという良心的な設計です。

 

この特徴は、蛇口型でもアンダーシンク型でも同様で、東レ浄水器の
強力なセールスポイントになっています。

 

 

東レ ポット型浄水器

 

東レ トレビーノの中でも、非常に評価が高いタイプの浄水器は「ポット型」です。

 

これまでこのサイトではポット型浄水器をあまりご紹介してきませんでしたが、
その理由は、まさにこのページで扱いたかったからです。

 

それほど東レのポット型浄水器の評価と評判は良いのです。
これは国内外問わず、どこへ行っても高評価を得ています。

 

ところでこのポット型浄水器は日本では蛇口型ほどメジャーな存在では
無いですが、欧米ではかなり普及していて、だいたいどこの家庭の
冷蔵庫にも入っています。

 

特にアメリカでは非常によく使われていて、映画や海外ドラマを見ていれば、
ポット型浄水器で水を飲むシーンをよく見かけると思います。

 

 

そしてこのポット型浄水器ですが、使いかたは簡単です。
この容器の中に水道水を入れておけば、しばらくするとろ過されるという仕組みです。

 

ちなみにどのくらいの時間でろ過できるか?というと、1Lを完全に浄水するのに
約5分といったところです。 超早いですよね。

 

 

そして現在の最新機種がこちらです。

 

↑の容量が2Lのですので、浄水時間は約10分。
これをそのまま冷蔵庫で冷やして飲むことが出来ますので、
浄水の時間より冷やす時間のほうが長いくらいですね。

 

上記のタイプを、1日2L飲んでいるとすると、フィルターの交換時期は
約3ヶ月です。 交換用カートリッジは2個入りで約2600円ですので、
素晴らしいコストパフォーマンスですね。

 

カートリッジはこちら↓

 

 

本体もカートリッジも、こちらが最安値です!
両方共嬉しい「送料無料」です。

 

 

 

東レ トレビーノ 蛇口型

 

今度は東レ蛇口直結タイプの浄水器のオススメをご紹介します。

 

東レの蛇口タイプの場合、面白いなと思ったのが、一番高価な最上位タイプが
最も人気があるところです。

 

三菱レイヨン・クリンスイの場合は、最も売れているのは低価格のタイプでしたが、
東レの場合は全く反対の結果です。

 

これは購入する方のタイプが全然違うということを表しています。
求めているものが全く反対なんですね。

 

そしてその人気No.1機種がこちらです(最安値!)。

 

 

 

最上位モデルと書きましたが、何が違うか?だけ解説します。

 

まずこのモデルは高度な節水設計がされています。
ですので節水に非常に高い効果を発揮します(なんと30%以上です!)。

 

さらに清潔さも上位、カバーやキャップも洗うことが可能です。
そしてシャワーが繊細で、浅いお皿でも全く水ハネがありません。

 

そして見たとおり、浄水タンクを別途持っていますので、直結型なのに
それ以上の浄水能力を誇ります。

 

 

交換カートリッジは↓(最安値!)

 

 

 

 

 

関連ページ

クリンスイ
人気浄水器をメーカー「クリンスイ」の解説です。長所と短所、価格、最安値情報をお送りします!
パナソニック
パナソニックの浄水器情報です。 パナソニック浄水器の特徴は、かゆいところに手が届くユーザー本位の設計と、日本人が喜ぶ機能の細やかさだと思います。1ランク上の浄水器といえるでしょう。
ブリタ
ブリタの浄水器といえば、世界で最も普及していると言われる「ポット型浄水器」だと思います。難しいことは考えず、ポットに水道水を注ぐだけで、おいしいお水にろ過されます。便利で手軽、夏は最高ですね。
タカギ浄水器
一体型浄水器でシェアを伸ばしているメーカー「タカギ」。みず工房、みず工房ミニが有名ですが、今回はカートリッジの最安値をご紹介します。